読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガ・仏教のすすめ[札幌]

札幌ヨガ・仏教の紹介です。札幌でヨガの先生をしているOKAのブログです。

第十五話 仏教とヨーガ

応用編

これまで仏教とヨーガの関係についてあまり触れていませんでしたが、今回はそれについて触れようと思います。

みなさんはお釈迦様がヨーガによって解脱・悟りを得たのをご存知でしょうか?

お釈迦様が3年間の断食やプラーナヤーマ(呼吸法)をしていたことは有名です。

 

 

仏教で説かれている布施、これはラージャ・ヨーガの勧戒にあたります。

仏教で説かれている戒律、これはラージャ・ヨーガでの禁戒にあたります。

 

 

つまり、仏教とヨーガは同一の教えということが出来ます。

もっと詳しく述べるならば仏教はヨーガを土台にしてさらに発展させた教えということが出来ます。

 

イエス・キリストユダヤ教徒だったのをご存知ですか。

キリスト教ユダヤ教は兄弟なのですね。

 

それと同じように仏教とヨーガも兄弟のような関係にあります。

 

では仏教とヨーガの違いとはどのようなものになるのでしょうか。

複数ありますが、仏教は大変科学的で誰もが認識出来るものから発展させた教えということが出来ます。

 

例えばすべては無常で人は必ず死ぬので死の準備が必要である。

 

だとか

 

肉体を表面だけ見るのでなく、表皮、筋肉、内蔵と解剖学的に正しく観察していくことによって煩悩を落としていく

 

 

など一般人誰もが理解出来ることから大変科学的だと言われています。

 

あまりにも仏教が科学的なのでキリスト教徒の学者が仏教を研究したところ、仏教の素晴らしさに感動して改宗してしまったということがあるそうです。

 

 

一方、ヨーガはエネルギーを昇華させる理論が中心で目に見えないものを扱っている教えということが出来ます。もちろん仏教もエネルギー理論も扱うわけですから、中心となるのは正観、正しい観察ということができます。

 

 

また、仏教とヨーガでは最終地点が違います。

ヨーガの最終地点から仏教では続きの教えがあり、四無量心という利他の実践があります。

 

四無量心とは4つの偉大な心という意味で、慈愛、哀れみ、称賛、無頓着の4つです。

四無量心については次回詳しくご説明します。

 

 

ヨーガの最終地点で解脱・悟りを得た後に、他を解脱・悟りを広める教え(四無量心)が仏教なんですね。

 

なのでお釈迦様が、ヨーガによって解脱・悟りを得た後に仏教を展開したことも頷けますね。

(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

 

 

それでは今回はこれぐらいにして次回、四無量心に話を譲りましょう。

利他心、他の人を幸福にしたい方必見です。