読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガ・仏教のすすめ[札幌]

札幌ヨガ・仏教の紹介です。札幌でヨガの先生をしているOKAのブログです。

第二十七話 正しい瞑想とは

前回のお話で武術と仏教の関係について説明しました。

その中に達磨大師が中国に伝えた教えとして正しい瞑想の仕方があります。

今回は正しい瞑想についてもう少し詳しく説明しましょう。

 

 

一般的に、禅というと座って目を瞑るイメージがあります。

さて、これが正しい瞑想なのでしょうか?

 

 

ただ座って目を瞑っても、やってみたらわかると思うのですが、浮いてくる情報は日々の生活の情報ばかりということがわかります。

 

 

例えば、私なんかは昔多くの性欲の情報をひたすら入れていたので目を瞑ると性欲に関する情報が沢山浮いてきます。

 

同じように例えば漫画が好きな人は沢山漫画を読んでいるので座って目を瞑ったら漫画の情報が出てきますし、ゲームを一日中やっている人はゲームの情報が出てくることかと思います。

 

記憶した情報しか自分から出てこないという科学的に考えると当たり前の話しなのですが、当たり前のことを忘れがちです。

(知らない情報が出てきたとしても前生で必ず経験している情報です。)

 

 

なので正しい瞑想をするためには先に仏教のデータ、正しい真理のデータを入れた後に、座って目を瞑らなければなりません。

しっかり、功徳を積んで、戒律を守って煩悩を破壊した状態で座れば体験するのは光であり、それを仏教では空と言います。

 

 

禅では無の境地を最高のものとしていますが、真の仏教では無の境地というのは高い境地ではなく途上の修行者が経験する段階です。

 

徳が無く、光が弱い状態で自分の深い意識に入れば当然自分の内側は真っ暗闇なので、深い意識状態にはいる集中力はあるけど徳がない状態ということが出来ます。

 

 

なので体験すべきは、無の境地ではなく空の境地なのですね。

 

 

 

話は戻りますが、カルマの悪い状態で座っても意味が無いので仏教の基本は功徳、戒律なのですね。

 

ですので、お釈迦様自体は入門した出家僧は直ぐに瞑想をすることを実は禁じています。

これに関しては正確に言うと、北伝仏教(インドからチベット中国と伝わった仏教)と、南伝仏教(インドからスリランカ、東南アジアに伝わった仏教)では瞑想に入るタイミングがちょっと違うのですが、話が長くなるので今回は割愛します。

 

 

まず僧は徹底的に奉仕をして功徳を積んで戒律を与えられ守り、お釈迦様の教えを学び、土台が固まったら托鉢にいって一般人に仏教を説き功徳をさらに積みます。

 

 

これらのプロセスでカルマを浄化し、座った段階でサマディに入れる状態になって始めて瞑想に入るわけです。

 

六波羅蜜でも

 

 

布施(功徳を積む)

→持戒(悪いカルマを積まない)

→忍辱(悪いカルマを落とす)

→精進(更に良いカルマを積んで悪いカルマを積極的に落としていくプロセス)

→禅定(瞑想してサマディにはいる)

→智慧(光、空体験)

 

 

という順番になるわけですね。

座って無の境地、つまりなにも無かったら仏教を実践する意味がないですよね。

(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

 

ということで瞑想は正しく瞑想しましょう。

第二十六話 武術と仏教 少林拳について

元々、武術は瞑想の土台の為のものだったということはご存知ですか?

日本では少林寺拳法が有名ですが、少林寺拳法の大元の武術、少林拳は元々、瞑想の土台を作るために体を鍛え、気を強めナーディーを通すためのものでした。

 

今日は少林拳の話です。

 

中国に少林拳を広めたのは禅の開祖達磨(ダルマ)大師です。

達磨大師は史実を調べるとお釈迦様の28代目の直系の弟子だと言われています。

 

 

時は5世紀後半、達磨大師はインドの王子で、王子の生活に満足出来ずにいました、

ある僧の説法に感銘を受けて出家して仏教を極め、僧の命を受け中国に渡り仏教を伝えたと言われています。

 

 

その当時、中国へ伝わっていた仏教は間違いが多く、達磨大師が正しい仏教を伝えるために中国へ行ったのです。

 

 

達磨大師の話として有名な話が、目を瞑っているだけで瞑想していると思いこんでいる中国の僧に、目を瞑るだけでは自分の煩悩が見えるだけで汚れを見ているに過ぎないと法を説いたエピソードがあります。

 

 

このブログでも、度々お伝えしていますが、仏教の教えは煩悩を破壊する教えなのですね。

ですので、煩悩を捨断のデータを入れない限り目を瞑っても内側は煩悩だらけ雑念だらけの情報を見るだけで意味がないということになります。

 

 

瞑想には生起過程の瞑想と、究竟の瞑想の二種類があります。

 

生起過程の瞑想は自分の内側に真理のデータを根付かせる瞑想で、究竟の瞑想は自分の内側に根付いたデータを見る瞑想です。

座って目を瞑る瞑想は、究竟の瞑想にあたるのですが、先に生起過程の瞑想(煩悩捨断のデータを入れずに)をせずに究竟の瞑想をしても見えるビジョンは自分の日常生活だけということになります。

 

 

つまり、

 

生起過程の瞑想 → 究竟の瞑想

 

 

の順で行なうのが正しい瞑想ということになります。

 

 

他にも、少林寺の近くの洞窟で瞑想して数年間飲まず食わずでサマディに入っていた話しや、達磨大師のを異端扱いした人たちが達磨大師を炎で燃やすのですが平気で生きているというエピソードがあります。

 

 

このことからも達磨大師はサマディを成就していたことがわかります。

 

 

それで達磨大師は、中国で仏教を展開しようとするのですが、弟子の体が弱く瞑想に適していなかったので、瞑想の土台を作るために少林拳を説いたと言われています。

 

ヨガでは瞑想に入る前にアーサナをすることをお伝えしたと思いますが、そのかわりに達磨大師は、中国人の武術で長く座れるように体を強固に柔軟にし、エネルギーを強め瞑想の準備をしたのですね。

(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

 

ちなみに現在日本に伝わっている少林寺拳法は、日本人が中国の少林拳を学び改変して日本に伝えたものですね。

 

 

中国の武術と仏教の関係は理解頂けましたでしょうか。

第二十五話 忍辱とは

六波羅蜜の一つ目布施によって良いカルマを積み、二つ目持戒によって悪いカルマを積まないという実践によって相対的に良いカルマが増えます。

 

ただ戒律を守っても過去に積んだ悪いカルマは消えません。

悪いカルマを落とす実践、それが忍辱になります。

 

忍辱に関する仏典があるのでご紹介します。

 

この話はお釈迦様の弟子のデーヴァダッタ前生の話しです。

 

 

デーヴァダッタはその生は王様でお釈迦様は修行者でした。

 

あるとき、王宮に現れた修行者は庭園で王様の付き人の女性たちに真理を説法していました。

 

修行者というのは元々王より偉大で功徳の持ち主ですから、女性たちは法則の虜になり説法に聞き入っていました。

 

それに嫉妬した王は部下に命令して、修行者を切り刻みダルマにして殺してしまいました。

それでも修行者は一切抵抗せずにニコッと笑って死んでいきました。

 

 

なぜ抵抗もしなかったかというと苦しみはカルマによって生じることを修行者はご存知だったからです。

 

ひたすらカルマ落としに耐える実践が忍辱ということになります。

これは自分のカルマにより苦しみが生じているので耐える。

 

例えば悪口を言われても言い返さずに耐える。これも忍辱になります。

 

 

 

もう一つ仏典の話しをしましょう。

お釈迦様の二大弟子の一人にマハーモッガラーナという弟子がいました。

マハーモッガラーナが死ぬ時は外道(真理でない教え)に頭を叩き割られて死んでいます。しかし、頭を叩き割られても一切苦痛が生じずに空中浮揚でお釈迦様の元に移動して亡くなられたというエピソードがあります。

 

 

実はマハーモッガラーナは2生前に同じカルマを積んでいるのです。

その生は、マハーモッガラーナは悪魔で、カクサンダー仏の弟子の頭を叩き割ったのです。次の生は地獄です。

 

そして、その次の生お釈迦様の弟子になって頭を叩き割ったときのカルマが返ってきたということになります。

 

 

どんなことが起きたとしてもカルマとしてとらえ耐える実践が忍辱なのです。

 

 

私も頭が叩き割られたり殺されたことはないですが、カルマが解放して罵声を浴びたり物を盗まれたり、あるいは蓮華座という座法を組んで激痛になったりするのですが、耐えているとカルマが落ちて苦しみが喜びに変わるんですね。

 

 

車に引かれてもカルマが落ちて良かったと喜んだヨガの先生がいたと言いましたがそこまで忍辱できると素晴らしいですね。

(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

 

ぜひ布施、持戒、忍辱の実践により苦しみを滅尽しましょう。

第二十四話 持戒とは

今回は六波羅蜜の二つ目の実践持戒の話しです。

一つ目は良いカルマを蓄積するという実践でしたが、二つ目は悪いカルマを積まないという実践です。

 

 

仏教で説かれている有名な戒律には五戒と十戒があります。

五戒は在家の戒律で、十戒は在家でも解脱を目指している人や出家修行者の戒律と言われています。

 

 

今回は在家の戒律の五戒を詳しく説明しましょう。

 

1,不殺生

2,不偸盗

3,不邪淫

4,不妄語

5,不飲酒

 

 

まず不殺生ですね。

生き物を殺さないですね。

 

生き物というのは人間だけではなく、ゴキブリや蚊、魚も殺生になります。

カルマという観点から考えたら殺生が返ってきたら大変ですよね。

 

釣りをしている人は辛いかもしれませんが、来世地獄に落ちて針で釣られるよりはましですよね。

 

ステージが上がってくると積んだカルマがすぐ返ってくるので、ゴキブリを殺してしまった時などすぐ怪我をしますので不殺生の戒律の大切さが分かります。

 

今まで殺していたゴキブリや蚊も放っておくか逃して上げると良いですね。

すべての生き物の命を大切にするとすべての生き物から大切にされます。

 

瞑想していると虫が近づいてきて私の膝の上に乗ってリラックスしているのがわかります。不殺生の戒を守り慈しむと周りの生き物が安らぐんですね。

 

逆にイライラしている時などはカラスに頭を蹴られたりしたこともあります。

 

生き物は殺さず慈しみましょう。

 

 

 

二つ目は不偸盗、盗まないですね。

これは小学生並みの問題ですね。

ただ厳密に守れると良いですね。借りたものを返し忘れたりそれも気をつけると良いですね。

私は子供の頃からよく物を盗まれるので前生で盗みをしていたと思います。

 

また、積極的な戒律の実践として盗まず施すが出来るとさらに良いですね。

 

 

 

3つめは不邪淫です。

不邪淫とは淫らな事をしないということです。

性欲遮断については以前の話で触れているので今回は簡単に説明します。

 

風俗に行ったり、浮気をしたりすると不邪淫の戒に触れます。

 

仏教では在家は妻帯を認められているので、お付き合いをしたり奥さん、旦那さんを持つことは許されています。

 

ただし、解脱悟りを目指す場合は違ってきます。

お付き合いもNGですし、性エネルギーのロス、性的なイメージすら禁じられています。

 

 

 

4つめは不妄語、嘘をつかないということです。

人を欺くような嘘は勿論のこと、自分でやると決めたことすらできなかった場合は消極的な嘘になります。

 

自分で決めた事を守り続けることにより強い意志の力が備わります。

意志の力が備わるとあらゆる目標を達成することができます。

 

神の予言がなぜ成就するかというと神様は嘘を言わないからです。

 

嘘を言わないことにより言葉が現象化し、願い事が叶うようになります。

 

 

これも私がヨガを始める前の話ですが、就職試験で短所は?と聞かれ私は人と喋るのが苦手ですと正直に答えていました。

 

しかも営業の職業の面接なので当然どこも落ちるわけです。

20社ぐらい受けて全部落ちてただ、一社だけ受かったんです。

 

第一希望の会社でした。

 

その会社では、なぜか短所は?と聞かれることもなく私の良い要素を見てくれる会社で5分間のプレゼンの時間をもうけてくださって、金融知識については秀でているので難なく合格しました。

その会社はとても良い人ばかりで、嘘をつかないことにより、そういった良いカルマの人たちが集まっている会社に就職することが出来たわけです。

 

逆に嘘をつきまくって就職していたら収入や会社の知名度は良いけれど嘘ばかりで人柄の悪いの会社に就職していたことでしょう。

 

最後に5つめ、不飲酒です。

お酒を飲むと当然、悪口もでるし、煩悩がむき出しになります。

 

現代はお酒の付き合いが多いので私のヨガ教室では控えましょうと言っています。

 

私は元々お酒が嫌いですし、昔よりもお酒の席を断る人が増えてきたので私は底まで苦戦しませんでしたが、生徒の中にはお酒が大好きで中々お酒をやめられないという人がいますね。

 

お酒を飲むとどういうカルマで返ってくるかというと突飛な失敗をするという形で返ってきます。

お酒好きな生徒はいつも大事な行事がある時に遅刻をしたり寝過ごしたり突飛な失敗をします。

 
(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

お酒を捨断出来るなら捨断しましょう。

 

第二十三話 布施とは その2

さて、カバンを盗まれてしまった後どうなったでしょうか。

カバンに通帳が入っていたので、紛失届けを出しに郵便局に行きました。

 

そうしたらなんと盗まれた通帳だけでなく私の知らない私の名義の通帳が2つあることが分かったのです。(現在は郵便局は一人一通帳ですが、以前は沢山作れました)

 

一つは50万円でもう一つは550万円入っていました。

 

一つは祖母が私の為に取っておいてくれたお金でもう一つは本当に誰のお金か分からない謎のお金でした。

 

 

布施したカルマが一気に返ってきた体験談でした。

 

実は仏典にも似たような話があります。

 

祇園精舎という修行場をお布施したお釈迦様の在家の弟子の中にアナータピンディカ長者という方がいます。

 

この方は今で言う何十億とか何百億とお布施をした人です。

宝石商をしていたのですが、仕事そっちのけで限界で財施をされたので自分の生活が苦しくなりボロ布をまとい酸っぱい粥しかお布施を出来ないまでになりました。

 

 

アナータピンディカ長者の住んでいる家には女神が住んでおり、長者がお釈迦様に布施をすると生活が出来なくなるので女神が反対しようとしました。

 

 

アナータピンディ長者は女神がお布施に反対しようとすると、それはお釈迦様の救済計画の妨害になるから出来ないと女神を家から追い出しました。

 

 

そして、女神はお釈迦様の救済計画に一撃を与えたことを反省して、アナータピンディカ長者が取り立てなかった貸していたお金を女神が変わって取り立てました。

また、堤防に埋めていて流されたお金も女神の神秘力によって見つけ出しました。

 

 

お布施をした分が神秘的な力によって戻ってきたというエピソードでした。

 

返ってきた分、だけなのかと思われる方もいるかもしれませんが、残りの功徳はアナータピンディカ長者は来世第四天界に生まれ変わったとのことです。

(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

 

財施は心の働きにより何十倍、何百倍にもなって果報が返ってくるのですね。

2600年前にしろ現代にしろカルマの法則は歴然としてあるということですね。

 

第二十二話 布施とは

応用編

前回の話では、六波羅蜜をお話しました。

今回は六つの実践のうちの一番最初の布施についてお話します。

 

布施とはカルマの法則で言うと良いことをする、光を内側に蓄積する作業になります。

カルマの法則によると良いことをすると良いことが返ってきます。

良いことをする、良いカルマを行なうことを功徳を積むと言います。

 

また、布施をすることにより心を安定させて瞑想の土台を培う準備を培います。

 

 

布施と聞くと宗教団体の金集めの印象がありますが、言葉の意味合いを正確にとらえると他に施すという意味合いがありますよね。ですから決して怪しいものでも何でも無くカルマの法則に基づいたものです。

 

布施には三種類あります。

財施、安心施、法施です。

 

 

財施は物を他に施すことですね。

なので、食料に困っている人に食べ物を施すことも財施になりますし、誕生日プレゼントなども財施に入るわけですね。

 

実は私はヨガを始める前から知らず知らずのうちに財施を行っていたのです。

 

 

祖母が商売人で傘屋を開いていました。

金は天下の周り者という言葉がありますが、その言葉の通り祖母は日々の感謝の印として人にお金をあげるのが好きでした。

 

私も子供の頃からそういった姿を見ているので自然に必要なときにはお金を出す癖が出来ていたようです。

 

私の親友がお金に困っている事がありました。

父親アルコール中毒でお酒を飲んで暴れるそうです。

命が危ないから家を出たいので10万円お金を貸してくれという相談でした。

 

 

ところが私は、お金を貸すのは苦手だったのです。

返ってくるかどうか不安ですし、取り立てるのも嫌だったからです。

 

そこで思いついたのは

 

 

「貸すのではなくて10万円あげるよ。」

 

 

と私は言いました。

当然返すと友人は言うのですが、それを断ってお金をあげることにしました。

この様な話しがいくつかあり、友人に旅行代を出したり、食事を奢ったり。

 

 

不思議と子供の頃から物や金には困ったことがなくて欲しいものは自然に手に入りました。今考えると子供の頃から引いては前生からの財施の果報だと言うことにヨガを始めてから気づきました。

 

 

ヨガを始めた私は限界で財施をし始めました。あるお寺に限界で財施をすることにより生活が苦しくなったときがありました。

 

一ヶ月3000円で生活しなければならない状況に追い込まれました。

なんと、その時、3000円の入ったカバンが盗まれてしまったのです。

 

人生終わったと思いました。

 

 

さてその後どうなるのでしょうか。

 (もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら

 

次回に続きます。

 

第二十一話 六波羅蜜とは

応用編

今回は在家でも解脱・悟りを得られる六波羅蜜についてお話しましょう。
六波羅探題とかいう名前だけは今の日本でも残っていますが意味合いを知っている人は少ないですね。

お釈迦様は解脱・悟りを得た後に出家修行者を救済する小乗(ヒナヤーナ)を説きました。
その後、大乗を説かれ始めた頃に弟子のアーナンダが魔境に入り、お釈迦様の涅槃を止めずに涅槃されました。

お釈迦様が涅槃したあと出家修行者はお釈迦様のネームバリューだけで食っていけるので堕落し始め、ヨーガが復興し始めました。

インドで仏教が滅んでしまうということでそれに焦り始めた仏教徒達がヨーガの教えも取り入れて在家でも解脱・悟りが出来るんだと展開した教えが六波羅蜜です。

なので仏教六波羅蜜とラージャ・ヨーガのプロセスが似ているのですね。


六波羅蜜とはサンスクリット語にすると6つのパーラーミター、パーラーミターは完成、限界とか最上とかそういった意味合いがあります。


日本語にすると六つの限界と訳すと近いかもしれませんね。
6つとは

「布施」・・・功徳を積むこと

「持戒」・・・戒律を守ること

「忍辱」・・・耐える修行

「精進」・・・自分の良い要素を増大し、悪い要素を捨断する

「禅定(サマディ)」・・・瞑想しサマディに入る

「智慧」・・・彼岸、つまりコーザルに到達し、光に没入する


です。

この6つの限界に挑戦することで解脱悟りが得られるということなのですが、一言で言うとカルマの浄化、煩悩破壊ということが出来ます。

どういうことなのか説明していきます。
まずは、布施によってよいカルマを積んで光を強めます。

布施には三種類あって、財施、安心施、法施です。

財施はお釈迦様などの出家教団に対する物質のお布施です。

心施は安らぎを与える布施。

法施は真理のお布施することつまりお釈迦様の教えを広めることですね。


この3つの布施により功徳、つまり良いカルマを積んで光を蓄えます。
しかし、悪いことをしていたらいつまでたってもカルマは綺麗になりませんから次の段階の持戒に入ります。

仏教では五戒といって在家信徒が守られければならない戒律が五個あります。

1,不邪淫・・・淫らなことをしない

2,不殺生・・・殺さない

3,不偸盗・・・盗まない

4,不妄語・・・嘘をつかない

5,不飲酒・・・お酒を控えましょう


この5つの戒めを守ることにより悪いカルマを積まなくなります。
悪いカルマを積まなくなっても過去に積んだ悪いカルマが清算されませんので3つ目に忍辱、つまり耐え忍ぶ実践により悪業を落としていきます。


精進ではさらに積極的に自分の良いカルマを伸ばし、悪いカルマを捨断していきます。


そして、瞑想の土台が整ったら瞑想してサマディに入り呼吸が停止して真実の体験が始まります。
仏教では呼吸が止まっていない体験は真実の体験ではなく、呼吸が停止してサマディに入っている時のみが正しい体験とされています。


最後に智慧、コーザルに到達します。漢訳では彼岸に到達するといいますね。

智慧の智という漢字は日を知ると書きます。つまり太陽の光を知るという意味合いがあります。
つまり、智慧の段階はこの現象界からアストラルを超えコーザルに到達する段階ということが出来ます。


日本ではお彼岸にお墓参りをしますが、そんなことをしても何の意味もありません。
なぜならご先祖様はとっくの昔に生まれ変わっていますし、先祖は供養するべきものではなく救済するべきものだからです。


仏壇も仏陀を供養しているわけではなく先祖を供養しているから先祖壇ということになります。本来供養するべき対象はお釈迦様であり、解脱・悟りを得た仏陀なのです。

(もっと詳しく知りたい人はこちらへ→こちら


話は元に戻しますが、まとめると六波羅蜜は煩悩破壊、カルマを浄化し、解脱・悟りを得る教えということが出来るでしょう。

みなさんも六波羅蜜、実践しましょう。